ジャズピアノライブ のご案内

ジャズピアノライブ のご案内

すっかり季節が変わってしまいました。珍しい9月の長雨ですが、いかがおすごしでしょうか?

さて、今日は、心の糧となる、素晴らしいピアノライブのご案内です。

20161029_pianolive_p1 20161029_pianolive_p2

東京で世界でご活躍の遠藤征志さんというジャズピアニストをお招きして、ライブを企画しました。お子さまと楽しむピアノライブから、夜の大人向けのライブ、琵琶湖畔でのたそがれライブ、の3公演あります。

感性がもっとも磨かれる時期のお子様に本物の音楽を聴いてほしいと、お子様に楽しんでいただけるようなライブ、大人向けのライブもジャズ初心者の方からジャズ通の方まで遠藤さんワールドに染まってみませんか?

心をすてきなアートで満たしましょう!

img_20160912_134129

予告!増永晴彦先生の経絡指圧講習会

予告!増永晴彦先生の経絡指圧講習会

少し早いですが、予告です。

関西(滋賀)で、増永晴彦先生をお招きして、経絡指圧講習会上級編応用編を、行います。

2017年は3月24日(金)~26日(日)までの3日間です。参加資格は、医王会の初級コース、または、朝日カルチャー京都教室家庭指圧講座を受講経験のある人です。ご興味のある人、ぜひ、いっしょに学びましょう。

海外からも引っ張りだこの増永先生に予定を開けていただき関西(滋賀)まで来ていただきます。東京まで出向かなくても経絡指圧を学ぶことができます。このチャンスをひとりでも多くの皆様と学んでいけますように。

お問合せお待ちしています。

ピアザよりびわ湖

ほとり・ポトリ

ほとり・ポトリ

5月~10月の土日祝だけオープンする近江舞子のカフェ ほとり・ポトリ。ここで食べ物部門を担当しています。自家製野菜の薬膳カレーを中心に、サモサや、お菓子など、体にやさしいお料理をご案内しています。本当にびわ湖が目の前に広がり気持ちによい場所です。

近江舞子といえば、湖水浴!というイメージですが、実は真夏以外も素敵なんです。風に吹かれて、のんびりと、読書!なんて、本当にもう最高なんですよ。真夏よりもきらきらしたびわ湖をひとりじめ!って感じで、カレーを食べるもよし、一杯ずつネルドリップされるオーガニックコーヒーも最高です。

5月の21日、22日は、かんじる比良があり、比良地域一体の楽しいお店がオープンします。

ぜひ、5月の風を感じにいらしてください。

野草会のご案内

野草会のご案内

今年も野草の季節がやってきました。元気な野草の姿を見るとわくわくしますね。今年も、恒例となりましたみどりの村の野草会を行います。

日時   4月9日(土) 9:00 ~ 14:00ごろ 荒天時10日(日)(野草摘みから参加したい人は9時に来てください)
場所  みどりの村にて(詳細はご連絡いただいた方にご案内します)
参加費  ゲスト  大人 1000円 小学生 500円
持物   野草を摘むザルなど はさみ 敷物 my食器類 お茶 水1リットル 椅子、テーブル(ある人)
内容   村人の津島さんに野草の料理法や効能を教えていただきながら畑の野草を摘んで料理します。メインは野草の天ぷら!ほかにも、汁物、野草粥、石窯を使ったお料理あります。

石窯で焼いてみたいものあれば持ってきてください。 ❤ 差し入れ大歓迎 ❤

申込み miho.sgmt★gmail.com まで。(★を@に変えてください)

野草てんぷら こごみ

スパイス講座@愛知食養村

スパイス講座@愛知食養村

いつもお世話になっている愛知食養村で、スパイス講座をさせていただくことになりました。

日時 4月2日(土)14:00~17:00ごろ
場所 愛知食養村 愛知県小牧市小牧原新田398-4 tel 0568-75-9843

詳細・お申込みは愛知食養村までお問合せください。

内容

・スパイス基本(机上講習)

様々なスパイスの紹介
最小限必要なスパイス
スパイスの味くらべ

・カレー料理(実習)

さっぱり野菜カレー
カレーに合う主食
南インド風サラダ

日本にあるお野菜で、おいしいインドカレーを簡単に作ることができます。まずは、スパイスに触れてみませんか?

スパイスボックス

インドの野菜

医道の日本2月号に経絡指圧が載っています

医道の日本2月号に経絡指圧が載っています

医道の日本2月号に医王会の増永晴彦先生が「ヨーロッパにおける経絡指圧」と題して寄稿されております。増永晴彦先生はヨーロッパでも経絡指圧を学ぶ人のために、ここ7年毎年のようにヨーロッパ講習に出かけておられます。経絡指圧は欧米では”ZEN SHIATSU”として知られており、指圧=ZEN SHIATSU というくらい盛んです。指圧で一番大切な「支え圧」(=無意識的な筋トーヌスによる圧し方)についても書いておられますので、ぜひ、一度指圧に興味のあるかた、勉強中の方、ご覧ください。

治療院経営について考える<br />伝統・古方の技と臨床