指圧&Ayurvedaカレーコースでご来店

愛知食養村の仲間のOさんがはるばる奈良よりお越しくださいました。

経絡指圧は腹部で証診断を行うため、食後少なくとも1時間はあけてもらうようにしています。午前中に到着後、まずは指圧です。背中の上の方が固い、足の付け根の痛み、アキレス腱の痛みなどがあり、特に冬は調子が悪くなられるとのこと。証診断をおこなった後、全身指圧に入りました。経絡の歪みが症状となってあらわれますので、痛みやコリのある部分だけを直接指圧するのではなく、特に膀胱経の経絡の歪みをとるように指圧をすすめていきます。約90分の治療の後、しばらく横になっていただきます。指圧の最中から、なんか身体が軽くなって動きやすいと喜んでいただきました。

続いて、Ayurveda&食養カレーコースです。キャベツのサブジはミニ講習のようにいっしょに作りました。Oさんは特に陽性過多であり、VATAタイプでもありますので、Oさんスペシャル薬膳カレーです。

 

薬膳カレー大皿

・レンズ豆のスープ

・大根と菊芋のトマトカレー

・キャベツのサブジ

・ヤーコンゆずサラダ

・パプリカとエリンギ、バナナのパコーラ

・緑豆のドーサ

薬膳カレーセット

食事のあとはみどりの村の畑を見学して、一日ゆっくりしていただきました。

次回はヘナトリートメントも!と、スーパーフルコースをご希望です。

愛知食養村の宿泊研修

毎月、月初めの週末は、愛知食養村での宿泊研修に参加しています。伊藤誠先生に食養についていろいろ教えていただいています。伊藤先生は、マクロビオティックで有名な桜沢如一さんのお弟子さんであった大森英櫻先生に師事され、食養で病気で困っておられるたくさんの人々を救っておられるすごい先生です。ご縁があって数年前よりできる限り通って教えていただいています。

宿泊研修は、1日目は主に食養の料理教室や手当て法の実習です。料理教室は一慧のクッキングの先生や地元の先生。ここで料理教室に参加すると食養料理のいろはと元より、味覚がとても敏感になって帰ってきている自分を毎回実感しています。初めての方からベテランの方までそれぞれの学びがあり、普通の料理教室とは少し違います。

IMG_20160206_122257

IMG_20160206_134726

2月は加藤千枝先生の料理教室。マカロニサラダ、菜の花スープ、ポテトコロッケ、大根の粕漬け、昆布の佃煮(白髪対策!)でした。おいしかった~

2日目は講義です。伊藤先生による無双原理による食養医学講座です。手相の講座や姓名判断の講座なんかもあって楽しいです。

無双原理での物の見方と、実際の料理や手当て法を同時に教わることができる、とても貴重な機会です。実際に病気になったときさあ実践しましょうと思ったときに、先生に指導を仰ぐにしろ一番大切なのは自分の判断!!判断力を磨く上でも、本当にありがたい貴重な機会です。