あ、焦ってもない

妹と4歳の甥っ子と、素敵な雑貨店で買い物していたときのこと。

「ガッシャーン」

甥っ子を乗せたカートを押してた妹が私の言葉に反応して一瞬目を離した隙でした。

お店の商品が割れ、甥っ子も水に濡れてました。

こんなとき、これまでなら、

自分がやつてしまったことのように慌て、

お店の人にも先頭をきって平謝り、

甥っ子を叱り、

妹も責め、

妹に声をかけた自分を責め、

過ちの責任は全部自分にあるかのように焦りまくってた。

しかし、今日は驚くほど傍観者だった!

割れたもの音を聞いたときも、ちらっと甥っ子を見て大丈夫そうなのは確認したけど、

すぐには駆けつけず、

店内の物色を続け、

しばらくして

「ここは4歳児連れてくるとこじゃないな」

と妹に声をかけ、お店を後にした。

(妹はもちろんすぐに駆けつけてた)

不思議なくらい傍観者で、妹がお店の人にどんな対応をしていたのか、思い出せないほど。

お店の方には大変申し訳ないと思うけど、

とにかく、

全く慌てることなく

普通にショッピング続けてた。

そのことにまじまじと気づいたの今だけど、

今までどれだけ自分の外のことに振り回されてたのだろう。

とれだけ、他人が気になってたんたろう。つまり、どれだけ自分から目を背けてたんだろう。

自分を大切にしてるということはこういうことなんだな。

****

潜在意識を整えてありのままの自分を好きになる♪ 杉本味穂

大阪で体験会します。

http://te-a-te.com/archives/1208

東京出張します。

http://te-a-te.com/archives/1274

LINE@にご登録いただいた方に、潜在意識をととのえるLINEセッションをプレゼントしています。

 

ご登録はこちらから。

→ https://line.me/R/ti/p/%40nmz7564r

→ ID @nmz7564r

 

Facebook :  https://www.facebook.com/sugimoto.miho.1

HP : http://te-a-te.com/category/blog/

blog : http://ameblo.jp/miho-sugimoto