フルーツ天国

みどりの村の畑にはたくさんの果樹を植えてます。畑をはじめてもう12年経っていますので、木々も大きく成長しています。砂糖の入ったお菓子などもほとんど食べないため、フルーツは本当に貴重なおやつです。

今の旬は「びわ」!今年は大きな実がごろごろとなり、実も甘くしまってとてもおいしいです。うっかりすると鳥や虫に取られてしまうのですが、なんとか、まだ見つからずに食べています。

びわ

畑内には、いちごもあります。これは原種のいちご。葉っぱが大きいため鳥にもみつからず、また地面まで垂れさがることなく浮いているので、下からなめくじに食べられてしまうこともありません。実はまん丸で酸味のきいたとても濃い味です。今はやりのいちごは酸味が薄れ甘みが強くなっていますが、原種いちごは、とてもバランスの取れたいちごで、プチプチとした食感がとてもおいしいです。

原種いちご

びわの次は「いちじく」です。今なってるのは夏果。去年の枝についています。今年の枝につく果実は8月末からですね。

いちじく

葡萄も今年は鈴なりに。こんなにならしてしまうと木が弱ってしまうので、摘果の必要があるのですが、なかなか勇気がいります

ぶどう

栗、ザクロ、レモン。。。と続きます。

栗の花レモンザクロ

 

食いしん坊にはたまらないですね。甘味と酸味をもつフルーツは特に食養ではよし!とされていますので、力が入ります。

 

 

 

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です